【まとめ】20分で頭が良くなる受験生が飲むべき飲み物(2018/12/21配信)

「20分で頭が良くなる受験生が飲むべき飲み物(2018/12/21 YouTubeLive配信)」の重要ポイントをまとめました。

頭が良くなる飲み物

頭が良くなる飲み物は、です。

どのくらい頭が良くなるのか?

変な栄養ドリンクを飲むよりも水を飲んだほうが良いという研究があります。
「水分が不足していないと思っている時に意図的に水を飲んだら人間の頭は良くなるのか?」という研究です。
結果、
・水を飲まないと注意力(集中力)と記憶力が1%ダウンする
・水を25ml飲むと注意力(集中力)が12%アップする
・水を25ml飲むと記憶力が2%アップする
・水を300ml飲むと注意力(集中力)が23%アップする
・水を300ml飲むと記憶力が6%アップする
・水は300ml以上飲んでも良い(飲みすぎない範囲で)
ということがわかりました。
(%は、20分後の数値です)

水を飲まないと人間の注意力と記憶力は低下していきます。
25ml(一口)飲むだけでも注意力と記憶力はアップするので、あまり水を飲みたくない人でも一口は飲んだほうが良いです。

水を飲む頻度

水は、こまめに飲んだほうが良いです。
一口飲むだけでも注意力や記憶力が圧倒的に上がります。

喉の渇き

喉の渇きに関する研究もあり、
・水を飲まないと喉の渇きが6%アップする
・水を25ml飲んだら喉の渇きが11%アップする
・水を300ml飲んだら喉の渇きが56%ダウンする
ということがわかっています。
(%は、20分後の数値です)

結果からわかるのは、水を飲まないよりも水を25ml飲んだほうが喉が乾くということです。
注意力や記憶力を長い時間保ちたい場合は、一口(25ml)ずつ水を飲みましょう。

コーヒーのカフェイン

コーヒーのカフェインは、
・集中力アップ
・脂肪燃焼
に効果があります。

カフェインとテアニン

コーヒーのカフェインとお茶などに入っているテアニンを同時に摂ると集中力が激烈にアップします。
テアニンは、お茶で摂るよりもサプリで摂ったほうが楽です。

まとめ

・頭が良くなる飲み物は水
・水を一口飲むだけでも注意力と記憶力が上がる
・水はこまめに飲んだほうが良い
・カフェインとテアニンを同時に摂ると集中力が激烈にアップする

スポンサーリンク

シェアする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク