【まとめ】タイミングの科学〜目的別ベストな運動タイミングを極める(2018/11/20配信)

「タイミングの科学〜目的別ベストな運動タイミングを極める(2018/11/20 YouTubeLive配信)」の重要ポイントをまとめました。

タイミングは目的で変わる

目的によってベストな運動タイミングは変わってきます。

代謝を上げるなら朝がベストです。
食欲を抑えるなら夕方がベストです。

一番ケガしやすい時間帯は、朝6時になります。
朝起きてすぐに激しい運動をするのは、控えましょう。

運動パフォーマンス

個人の運動パフォーマンスの26%は時間に左右されます。
運動パフォーマンスのピークは、クロノタイプ(朝型や夜型など)で変わります。

朝型の人 午前中の遅めの時間帯
夜型の人 夕方の時間帯
中間の人 12時〜15時
が運動パフォーマンスのピークです。

筋肉や持久力をつけたい場合

筋肉や持久力をつけたい場合は、夕方にトレーニングすると良いです。

痩せたい場合

痩せたい場合は、午前中の遅めの時間に運動すると良いです。

まとめ

・目的によってベストな運動タイミングは変わる
・朝起きてすぐに激しい運動をするとケガしやすい
・運動パフォーマンスは時間に左右される
・筋肉や持久力をつけたい→夕方にトレーニング
・痩せたい→午前中の遅めの時間に運動

(続き→ニコニコ動画有料枠

スポンサーリンク

シェアする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク