【まとめ】時短勉強法〜忙しい人でも成果があがる科学(2018/11/13配信)

「時短勉強法〜忙しい人でも成果があがる科学(2018/11/13 YouTubeLive配信)」の重要ポイントをまとめました。

時間と勉強

勉強時間の長さと成果は関係ありません。
むしろ忙しい人や時間を制限している人のほうが勉強で成果をあげるのがうまいです。
その理由は、時間がないために頭を使うからです。

学習能力が高まるゲーム

予測力が必要になるゲームをすると学習能力が高まります。
具体的に言うと、アクションゲームです。

それぞれ9週間(総プレイ時間50時間ぐらい)
・アクションゲームを遊んでもらうグループ
・シミュレーションゲームを遊んでもらうグループ
を分けた実験があります。

9週間ゲームを遊んだ後に知覚学習テストを受けてもらった結果、アクションゲームのグループは学習能力が向上していました。
その効果は1年後の再テストでも持続していたという結果が出ています。
つまり、9週間アクションゲームを遊ぶと1年間は学習能力が高い状態が維持されるということです。

まとめ

・勉強時間と成果は関係ない
・限られた時間の中で頭を使って勉強をするほうが成果があがる
・アクションゲームを9週間遊ぶことで学習能力が高い状態が1年間維持される

(続き→ニコニコ動画有料枠

スポンサーリンク

シェアする

Twitterをフォローする

スポンサーリンク